子供

卒園式を控えた6歳の娘がインフルエンザにかかった母親の体験談です。娘が卒園式に出られるように必死に看病した結果、無事完治し卒園式を迎える事出来たようです。しかし、悲しいオチがついてしまったみたいです。看病していた母親もインフルエンザに感染・・・。

吐き気

突然の吐き気を催す時って有りますよね。一度なら気になりませんが、何度も襲ってくるとやはり不安になるものです。考えられる病気は「胃が荒れている」だけの軽いものから「胃がん」まで。なにはともあれ早く病院で診察を受けた方が良いでしょう。今回は食べ物を見る度に吐き気に襲われた人の体験談です。

しもやけ

体の異常のうち「病院に行こう」と思う症状は何でしょうか?痛みですよね。しかし、痒みの症状はどうでしょう?放置してしまう人が多いのではないでしょうか?痒みを伴う病気の1つが「しもやけ」です(痛みが有る場合も有ります)。今回は「しもやけ」を放置してしまった人のお話しです。

赤ちゃん

生後2カ月ほどの新生児の赤ちゃんがインフルエンザに感染すると大変です。タミフルや解熱剤を使用するのはなかなか難しいためです。熱が自然に下がるのを待つしか有りません。親としてはかなり辛い状況です。そのため、可愛い赤ちゃんがインフルエンザに感染しないように予防注射は必ず接種するようにしましょう。

定期健診

みなさん定期的に健康診断を受けていますか?会社勤めの方は健康診断を受けているかもしれませんが、専業主婦の方の多くは受けていないのではないでしょうか。今は体に異常が無くても、病気が進行している可能性も有ります。今後健康に過ごすためにも定期的に健康診断を受けるようにしましょう。

尿

前立腺が肥大すると尿道を圧迫してしまい、人によっては尿道が狭くなってしまいます。私もそうでした。尿道が狭くなっているので、排尿するためにカテーテルを尿道に通さなくてはなりません。この施術が半端なく痛いんです。痛みは個々人で異なるかもしれませんが、私の場合は激痛でした。

手術

今回は、子供の頃から盲腸の症状が出ていた人が大人になり盲腸で緊急入院、そして手術を受けた話です。この人はその後自己免疫疾患にかかりますが、盲腸を我慢していた事との因果関係は不明です。しかし、「痛み」は体が異常を知らせるサインですので、我慢せずに早く病院へ行くようにしましょう。

妊娠

悪性か良性かは置いといて、「卵巣嚢腫」という病気になる女性は意外に多いです。この病気に気付くのが、妊活を始めたり、妊娠したりした時の産婦人科の診察という人もけっこういます。子作りをしようと意気込んだ矢先の病気宣告はかなり不安になるものです。定期的に診察を受けた方が良いでしょう。

病院

病気と言っても症状の重いものから軽いものまで様々あります。どんな病気でもその当時の思い出を語れる、という訳では有りません。重い病気の場合はやはり思い出したくないことも多いです。思い出を語れるほど軽い病気だった事には感謝しなければなりませんね。

高熱

インフルエンザはうがい手洗いを真剣にいていなくても感染しない人はいますが、私の場合様々な予防をしてもインフルエンザにかかっていまいます。予防注射をしてもです。インフルエンザは高熱が出て、時には下痢・嘔吐も伴います。ほぼ毎年感染するインフルエンザ。今年はどうなるでしょうか。