我が家のインフルエンザループ

出産してからというものの、子供が何か病気になる度に、もれなく私もうつるというサイクルが我が家ではできています。

子どもと常に一緒にいるし、看病をしているからうつるのは仕方ないと思うのですが、子供がかかる病気というのは本当に辛いものばかりで、子供が病気になると常にビクビクしてしまうようになりました。

子どもがインフルエンザ

一番悲惨だったのが、第二子の娘が1歳前にインフルエンザAにかかり、それが私にうつり、そして幼稚園の発表会を控えていた5才の息子にもうつってしまい、発表会欠席という悲劇が起こりました。

なぜだかこういう時は旦那さんはかからなくて、それはそれで買い物とかはお願いできたからいいのですが、仕事で日中はいないので、3人がインフルエンザAになった我が家は本当に悲惨な状態でした。

娘を病院につれていって、インフルエンザAの反応が出て、お医者さんには家族もうつっている可能性があるから、熱っぽいとかあったらすぐに来てねといわれました。

家族がインフルエンザ感染

そこから、立て続けに私がいき、息子を連れて行った時には、お医者さんも覚えているので、検査しなくてもAだと思うけど、念のため検査してみよっかというものでした。家族内感染のすごさを目の当たりにしました。

このインフルエンザAの現象から、我が家は毎年毎年インフルエンザに3人がかかるというサイクルを繰り返しています。

予防接種は3人とも打っているので、軽くは済んでいるのかもしれませんが、AになったりBになったりしています。なので、インフルエンザの時期になると私たち親子がかかりつけの小児科にいくと、インフルエンザ?と聞かれるようになってしまいました。

もうかかりたくないとは毎年思って注意はしているのですが、なぜだかなります。この波を越したら、皆体が強くなるのかなと期待したいのですが、我が家の3人は本当にもらいやすい体質なのかもしれません。風邪とか病気が流行りだすと私は常にビクビクしてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA