クリスマスなどイベント時に体調を崩してしまうアンラッキーな私の体験談

私は日頃から食生活に気をつかっており、幼い頃からあまり大きな怪我や病気をしない健康優良児でした。

風邪や虫歯など、子供がかかりそうなちょっとした病気もほとんどかかったことがなく、手間のかからない子だとよく両親に言われて育ちました。

がーん

しかしながら、私はなぜかクリスマスや修学旅行など、たまにしか訪れない大きなイベントの際に体調を崩してしまうんです。

クリスマスにインフルエンザを発症・・・

今までで最も悲しかったのは小学6年生のクリスマスです。

クリスマスを楽しむ子供

私が次の年から中学生になるということもあって、家族みんなでお祝いを兼ねて、クリスマスに少し豪華なホテルのディナーバイキングを楽しむ予定でした。

そんな機会はめったにないので、何週間も前から楽しみだったのです。

しかし、当日私はインフルエンザにかかってしまったのです。前々から予約していたこともあり、父親以外の皆はホテルに出掛けてしまいました。

おそば

重いものを食べられないので、ケーキもお寿司もチキンもおあずけ・・・。私が食べたクリスマスディナーは、よく茹でたおそばでした。クリスマスに蕎麦、一生忘れることが出来ません。

残ってくれた父親には感謝していますが、本当に悲しいクリスマスの経験でした。

高校の修学旅行の時にも病気に・・・

次に病気で悲しかったエピソードは、高校の修学旅行の時です。

バス酔いなど全くしない私が、なぜか修学旅行の時だけ急によってしまい、激しい頭痛と胸やけに襲われる羽目に。

某有名テーマパークで遊ぶ予定でしたが、私はバスの中で待機という悲惨な結果におわりました。

長島スパーランドの夜景

はしゃいで帰ってくる友達が、「大丈夫?」とお土産を両手に抱えながら心配してくれるのがよけいに辛かったです。

その夜は当然ホテルのごはんも食べられませんでした。楽しみにしていた温泉にも、安静にとのことで入れず、1人ポツンとホテルの部屋備え付けのお風呂を沸かしました。

次の日になると体調は戻り、一日目の悲惨さを打ち消すべく思いっきり修学旅行を満喫しましたよ。

普段健康な分、たまに気持ち悪くなる程度なら我慢しなければと思いますが、何もこんな大事な日になるなんて・・・と日々悩まされ続けております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA