インフルエンザ

子どもがインフルエンザ

保育園や幼稚園、小学校など、子供が集団生活を始めるようになるとインフルエンザに感染するリスクは高くなります。子供一人ならまだしも、生まれたての赤ちゃんがいる家庭ではその心配はなおさらでしょう。今回は2人(一人は赤ちゃん)のお子さんを持つお母さんの新型インフルエンザ奮闘記を紹介します。

子どもがインフルエンザ

子どもが病気になると、看病する親、特に母親もその病気に感染しやすいものです。特に感染力の強いインフルエンザは注意が必要です。今回は子供のいる家庭でインフルエンザが家族内でループしてしまう人の体験談を紹介します。

風邪をひいた子供

同居している家族がインフルエンザになると、家庭内感染を防ぐのはなかなか難しいです。特に小さな子供がいる家庭は学校でインフルエンザに感染する可能性が高いので大変です。今回は5人家族の全員がインフルエンザに感染した人の体験談です。辛い中看病・家事をするのは大変ですね。

妊娠

妊娠中はなるべくなら風邪もひきたく有りませんよね。家で安静にしている人も多いでしょう。しかし、夫や子供が菌を持って帰ってくることもあり、そこからインフルエンザに感染してしまう場合が有ります。今回は妊娠中にインフルエンザにかかり内科で診察を受けた人の体験談を紹介します。

子供

卒園式を控えた6歳の娘がインフルエンザにかかった母親の体験談です。娘が卒園式に出られるように必死に看病した結果、無事完治し卒園式を迎える事出来たようです。しかし、悲しいオチがついてしまったみたいです。看病していた母親もインフルエンザに感染・・・。

赤ちゃん

生後2カ月ほどの新生児の赤ちゃんがインフルエンザに感染すると大変です。タミフルや解熱剤を使用するのはなかなか難しいためです。熱が自然に下がるのを待つしか有りません。親としてはかなり辛い状況です。そのため、可愛い赤ちゃんがインフルエンザに感染しないように予防注射は必ず接種するようにしましょう。

高熱

インフルエンザはうがい手洗いを真剣にいていなくても感染しない人はいますが、私の場合様々な予防をしてもインフルエンザにかかっていまいます。予防注射をしてもです。インフルエンザは高熱が出て、時には下痢・嘔吐も伴います。ほぼ毎年感染するインフルエンザ。今年はどうなるでしょうか。

感染

毎年のように流行するインフルエンザ。咳や下痢などの症状を伴い、高熱が数日間続きます。家族の人と一緒に住んでいれば看病してもらう事も可能ですが、一人暮らしだとそうはいきません。インフルエンザは無理をすると脱水症状になるなどかなり危険です。

震災

東北大震災の時に子供がインフルエンザに感染した人の体験談です。震災の時は、普段当たり前に使えていたものが、ほとんど使えなくなります。電気・ガス・交通手段・・・。また、病院通常通りの営業は困難となります。震災時の病気は本当に怖いです。